小論文には合否のポイントがあるので塾などで効果的な対策をしましょう

集中して効率的に勉強をする

学生

小論文と作文の違い

小論文と作文の違いをしっかりとしっておくことで良い小論文を書くことができます。良い小論文を書くことで、しっかりと点数を取れるでしょう。

READ MORE
勉強

小論文の対策をする

自分に合った塾を選んで成績をアップしましょう。良い塾を選ぶことと自宅学習を充実させると良い結果に繋がります。

READ MORE
勉強道具

やる気を継続し結果を出す

小論文の勉強をするためには、まずやる気を引き出せなくてはいけません。やる気を出し、それを維持できれば力もついてくることでしょう。

READ MORE
教師と学生

語彙力を上げる

語彙力は小論文を書く時に非常に重要になります。様々な本などを読むことで語彙力は上がるので試してみてはいかがでしょうか。

READ MORE

評価基準を明記していることがある

採用側によっては、評価基準を教えてくれる場合があります。もし、明記されているのであれば評価基準に沿った小論文にしましょう。

小論文の試験で合否が分かれるポイント

自らテーマを見つけられるかを見られている

採用のポイントとして自ら考えたテーマを発掘ができる人を選んでいます。身近なところを取り上げてテーマにすることで小論文の評価が高くなることを知っておきましょう。

テーマを自分で調査・分析をする

どれだけテーマがよくても調査や分析が薄い内容をだと不合格になります。ですから、視野を広げて調査・分析をするようにしましょう。

論理的な考えを表現する

小論文は、文章表現なのでどれだけ自分のやってきたことを文章に表現できるかが重要になります。その為、読み手に分かりやすく論理的に表現することが高い評価を受けることになっているのです。

分かりやすい文章にする方法

自分の考えていることを伝えるだけでは小論文は上手くできません。分かりやすくテーマを説明して、なぜそうなるのか順を追って論じることで良い小論文になります。

採用側に合った小論文を書くことが大事

見たいと思う小論文にするには、採用側に合った内容にすることが良いでしょう。もし、全く関係ない内容だと自分の思いが十分に伝わらない可能性があるので、内容には気をつけて書くようにすると良いです。

小論文の対策をする

勉強

受験をする際は良い塾を選ぶ

受験対策をする時は、良い塾を選ぶ必要があります。また、良い塾であれば小論文のことも教えてくれるでしょう。

実績のある塾で成績を上げる

塾に実績があれば、それだけ教え方が上手いという裏付けになります。ですから、塾選びの際は実績が十分にある塾を選びましょう

理解ができるまで親身になってくれる塾

分からない問題に対し、納得のいくまで教えてくれる塾は良いと言えるでしょう。わかるまでしっかりと理解を深めることで、成績アップが期待できます。

学力に合った塾を選ぶ

塾のレベルは様々あります。ですから、学力に合った塾で勉強をすることが大切なるでしょう。

自主学習ができる環境のある塾にする

勉強は、学校や塾の授業の他に自主学習をすることで成績は飛躍的に上がります。その為、塾でも自主学習ができる環境があるととても良いです。また、塾で自主学習をすれば分からないことはすぐに聞けるというメリットがでてきます。

広告募集中